医師たち

突発性難聴は突然やってくる|聴こえることに感謝しよう

耳の治療院を探す方法

女医

新宿には耳鼻科が沢山ありますので、耳が聞こえづらくなった場合や耳に痛みが走った場合などに、気楽に治療を受けに行けるようになっています。ちょっとした治療から手術まで、幅広い施術が受けられるようになっていると言えるでしょう。

もっと読む

費用が高いのは仕方ない

婦人

最近、補聴器の人気が高くなっており、多くの人が利用しています。人気が高くなった要因は、音が鮮明になり、コンパクトになるなど使いやすい商品が増えているからになります。ただ、補聴器は自分に適したものを選ばなければいけません。例えば、耳穴タイプを使う場合は多少費用が高くなってもオーダーするべきです。

もっと読む

めまいで悩んでいませんか

耳

新宿の耳鼻咽喉科ではめまい外来を開設しています。内耳周辺には平衡感覚を司る耳石や三半規管、聴神経などがあり、聴覚に影響を与えてめまい以外にも難聴や耳鳴りを発症させます。さまざまな症状が現れるため、治療には他の科と連動して手術を行うこともあります。

もっと読む

突然聴力が低下したら

女性

緊急に病院へ

突発性難聴とは、ある日突然に聴力が低下する病気で、耳の奥にある内耳に障害が起きて発症します。明確な原因は不明で、耳の血流不足やウイルス感染、ストレスが原因として考えられています。ウイルス感染が原因として考えるのは風邪やインフルエンザに罹ったときに突発性難聴を発症する方も多いからです。風邪やインフルエンザに罹った時に耳の聞こえが悪いと感じたら耳鼻科を受診して下さい。風邪やインフルエンザの時だけでなく、聞こえにくいと感じたら緊急に治療を始めましょう。突発性難聴の治療は時間との勝負と言われているので、治療が早ければ早いほど回復します。突発性難聴は片方の耳に発症することが多いのですが、両耳に発症することもあります。おかしいなと感じたら片耳を塞いで周囲の音が聞こえるか試してみましょう。

具体的な症状

突発性難聴は突然発症する病気です。朝起きたときや仕事をしているときなど突然聞こえにくくなります。以前は中高年の女性に多い病気でしたが、近年では20代発症数が増加しています。突発性難聴は周囲の音が突然聞こえなくなる症状のほかにめまいや吐き気を伴うことがあります。耳鼻科で耳の検査をして鼓膜などの機能に異常がない場合には突発性難聴と診断されて治療を受けることになります。突発性難聴は、症状を感じてから48時間以内に治療を始めると聴力は回復します。遅くても1週間以内には治療を始めることが重要です。症状を感じてから1か月経過してしまうと聴力の回復は難しくなってしまいます。これが、突発性難聴の治療は時間との勝負といわれる理由です。